生活の質QOLってこういう事じゃないのかな?

僕はアフィリエイトで収入を確保して、田舎で暮らすことを目的にしています。

これって単に田舎暮らしがしたいわけではありません。

今の世の中、どこに住もうが自由です。だから好きなとこで住めばいいんです。

 

親の介護という仕事

でも、そうもいかない人もいるのが現実ですよね。

例えば、介護離職なんて言葉も最近は耳にします。親の介護をするために仕事をやめなければいけない。

親が住む田舎に帰らなければいけない。

こうなる可能性が少しでもあるなら、やはり想定をしておかないといけないと思います。

 

何が重要なのか

そもそも、生きている中での重要性が変化している気がします。

ボケてこれから先死んでいく親の面倒よりも、自分の子供を育てるために収入を確保。

そのために、死に物狂いで仕事。ってなんのための人生かわからなくなります。

これって収入ばかりがフォーカスされた結果なのかなと思います。

 

生活するということ

収入を得るために仕事のあるところへ引っ越す。

親は田舎で年老いていく。でも仕事があるので戻れない。その子供ももう戻ることもなくなります。

どんどん、人口が集中するのは仕方がないことです。

でも今はそうしなくても、収入を上げる方法がいくつもあります。

それを、これからの人に伝える事が出来たら最高ですね。

 

アフィリエイトで収入が上がればどこでも仕事できます。

よく、「飽和する」とか「先がない」とか言われますが、そんなことないですよ。

この先もwebはあり続けます。アフィリエイトのスキルが有れば、下手なコンサルよりも仕事できますよ。

それプラス、自給自足ができるようにしようと思ってます。

 

時代の流れで失ったもの

全てはもちろん無理でしょうけど、例えば自宅で太陽光、風力発電をする。

畑で野菜を作る。魚を釣ってくる。とか、そんな暮らしがしたいですね。

収入のための仕事に縛られずに、年老いた親と暮らすこともできます。

3世代の同居とか、にぎやかでいいですよね。

 

こういう暮らしに価値を感じれば、過疎化って無くなるんじゃないかなって思うんです。

ITがこれからの世の中を変えてくのはまだまだこれからなのかもしれません。

なんだかふと思った事を書いてみました。

デオドラントバーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です