35年ローンで買ったのは「悪夢のマイホーム」だった話

夢のマイホーム

競売物件って聞いたことありますか?

仕事上、競売物件を扱うことが良くあります。

 

競売物件というのは、住宅ローンが払えなくなった人の住宅を裁判所が売りに出す物件です。

売れた金額は住宅ローンの返済に充てられます。

ただほとんどの人は住宅ローンに足りなくて、家を売られた挙句住宅ローンが残ります

 

競売物件の中は大抵汚い・・・。

競売物件の中の様子で共通しているのが、「汚い」です。

もうやる気がないんでしょうね。掃除とか。

 

そりゃそうですよね。だって自分の家じゃなくなっちゃうんですから。

しかし、よくこれで生活しているなって状況なんですよ。

ゴミだらけで、匂いもするし、カビだらけ。。。

 

で、大抵男の人が一人暮らしという状況です。

奥さんと子供が出て行っちゃった感じです。

男の人って悲惨だなって思っちゃいます。

 

夢のマイホームは悪夢のマイホームへ

家族のために「夢のマイホーム」を35年ローンを組んで購入する。

何らかの理由で、収入が減りローンが払えなくなる。

嫁が子供を連れて出て行く。

一人で「悪夢のマイホーム」で暮らす。

悲惨です!

 

35年ローンの罠

住宅ローンでもね、みんな家を買うときはこんなことになるなんて思っていなかったでしょうね。

順調に給料も上がって、子供達も成長して、老後は夫婦でのんびり年金暮らし

最終的には資産となり、落ち着いた老後が遅れる。

そんな風に思ってたはずです。

 

でもね、5年後もわからないのに35年後までローンを組むって異常じゃないか。

それが僕の見解です。

例えば、3000万円のローンを組むと、固定金利2%で月々約10万円です。

これを35年間払うんです。

 

病気をしたり、会社の業績が落ちたりして収入が減ってもこの金額は変わらない。

これって怖くないですか?

家賃の安いアパートに引っ越してもローンは変わらないので、身動きも取れません

 

新築の罠

特に新築住宅を買うときは注意が必要です。

よっぽど需要のある地域じゃなければ、10年後にはほぼ半額の価値にしかなりません。

3000万円のマンションが10年たったら1500万円です。

 

売っても住宅ローン残ります

よく、その残った住宅ローンも合わせてローンを組んで新しい家を買う人がいます。

不思議でしょうがないです。

自分には払えなくなるような出来事が、何も起こらないと思っているんでしょう。

 

家は現金で買えばいい

若い頃からお金を貯めて、現金で買えばいいんです。

中古住宅なら、7〜800万円で買えるものもあります。

 

DIY独身の時に現金を貯めて400万円くらいのマンションを買う。

結婚したら、そこを賃貸に出して1500万円程度の家を買う

そうすれば、家賃収入で住宅ローンの3分の2程度は払えます。

DIYを楽しみながらそこに住んでいれば、貯蓄もできます。

ある程度の貯蓄ができれば運用することもできます。

 

仕事の収入が減ったとしても、ある程度はカバーできます。

大雑把ですけど、これからの時代、これが正しい方法なんじゃないのかな。

僕はそう思って子供に教えてます

 

もし、住宅ローンを組むならきちんと計画して住宅ローンを組まないとね!


デオドラントバーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です