ファクトリーアンロック?SIM下駄?宮古島でスマホ代安くするなら格安SIMという選択

宮古島に移住して来る時、生活コストを抑えるため携帯代をどうにかしたいと思っていました。その結果、格安SIMに変更。「Freetel」に。

freetelはドコモ回線を使っているので安心、ということで選択しました。

ただ回線キャリアが違う格安SIMを利用する場合、SIMフリーのスマホが必要になります。AUやドコモのようにスマホを込み込みで購入できる場合もあるようですが、いわゆる縛りがあったり、機種代は別途分割払いになって、結局支払う費用が変わらなかったりするようです。

 

「ファクトリーアンロック」でSIM解除はできるのか

当初、当時使っていたiPhone6をSIMフリー化して使おうと思い「ファクトリーアンロック」という手段があることを知りました。

「ファクトリーアンロック」というのは、どこかからキャリアのサーバーか何かの情報を書き換えて、スマホをSIMフリーにするというもの。。。仕組みはいまいちわからないです。それにできる場合、できない場合があるので確実なものでもないようです。

そしてヤフオクで出品されていたので早速、ヤフオクで1万円で落札。1ヶ月たってもSIMフリーにならなければ、返金という条件でした。しかし、SIM解除できず。。。

ただ、きっちり返金してくれました。

 

SIMロックのかかったスマホを売ってSIMフリーのスマホを買う

SIMフリーのスマホは、安いものなら1万5千円ほどで購入できます。とういうことで、iphone6を買取業者に売却。SIMロックかかっていても以外に高値で買い取ってくれます。で、 Freetelで販売していたSIMフリーのスマホを購入。たしか1万3千円。

ただ、それまでiPhoneを使っていたので、かなり使い勝手が悪くMacとの相性も悪い。それでも我慢して1年くらい使ってました。最近では充電も1日しかもたず、かなり不便。

 

iPhoneへの未練とSIM下駄との出会い

そんな時、嫁が昔使っていたiPhone5sを出して来て写真を見ていました。「やっぱiPhoneいいな〜」って感じです。ただこのiPhoneもSIM解除ができない。

もう一度ファクトリーアンロックできないか調べてみると、「SIM下駄」と呼ばれる方法?が。どうやら、SIM解除できないスマホへSIMカードを挿入する時に重ねて入れるチップのようなもの。

以前は、SIM解除できないものが結構あったようですが↑これはいけるらしい!

 

SIM下駄でのSIM解除は簡単で早い

ということで早速注文。ちなみに、宮古島は結構届くのが遅い。アマゾンでも1週間かかることもあります。

届いたのがこちら!

iPhoneの設定をリセットして、Freetelの設定をし直します。その後、真ん中に写っているチップのようなものをSIMカードと重ねて差し込みます。

すると自動的にアクティべーションが始まります。それが終わるともう完了!

見事にドコモの電波掴んでます!(wi-fi環境でやる必要があります。)

 

やっぱiPhone最高!

料金も2,680円なので、ダメだったとしてもいいかって気分だったんですが満足です。ただ、最初は3G表示から4GやLTEになかなか変わりませんでした。だいたい半日くらいで4Gの電波も掴むようになります。今の所特に不具合もありませんし、テザリングも問題なく使えます。

そして何よりiPhone5Sの大きさが最高です。僕にとって最近のスマホは大きくなりすぎました。手のひらに収まるこの大きさがすごく気に入ってます!

SIM解除できないスマホを解除したい人は是非試してみて!!

デオドラントバーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です