マスコミが本当にマスゴミだった

小倉優子さんが離婚しましたね。

別にファンでもないし、正直どうでもいいネタです。

 

僕の中では、芸能人=変態

なので何があっても当たり前なんです。

離婚だって結婚だって変態の結婚なんだから離婚しても普通でしょ!

 

それをいちいち取り上げて慰謝料だ養育費だって言われてもねぇ。

脳みそ腐ってる意見しか出てこないしうざい・・・。

 

テレビってかなりの制作費使ってこの程度なんだから

視聴率下がっても文句なんか言えないでしょ。

 

ネット情報の方がマシだし、もはやネットの情報を基に

構成してるきらいもある。

そんな操作された情報見て楽しむくらいなら見ない方がマシ。

 

秀でた芸もない中で自分を売る芸能人は所詮見世物で

色恋をネタに取り上げられる。

それが今の芸能界なんかもしれません。

 

芸能事務所の力で左右される日本の状況は、才能なんて関係なしに評価されいるのかも。

そう思うと人間なのに商品としてしか扱われないことに違和感感じます。

 

芸能事務所が無くなること。

テレビ局が芸能事務所の存在を良しとしないこと。

 

不動産のようにあくまでも仲介会社として芸能事務所が存在することが望ましいですね。

そうであれば、出家とかしないだろうし出家しても普通の人として

仲介してもらえるだろうし。

 

結論として、芸能事務所の存在が日本のエンターテイメントを退化させている。

ってことなんじゃないかな。

 

まぁ、輩みたいなやつの収益源なのかもね。

これいつまで続けるんだろう?

 

きっと彼女は輩に人生を左右されぐらいならって思ったのかも。

そもそもの仕事が輩の言いなりのような仕事だったら?

仕事放棄してでも逃げたくなるような環境だったら?

輩に脅されないように大きな組織に入ることも、いい選択肢だったのかもしれないよね。

 

突然やめると言った彼女が悪いというよりも、言わせるような環境を作って芸能事務所の責任

なのかな、

たとえ損害倍賞請求があっても、本人よりも会社に請求することだし。

 

芸能人のネタは、書いてる人が好きなだけ。

どうでもいいし、同じ人間。

ただそれだけ!

 

あ、俺もか?

デオドラントバーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です