常識!?疑うことを忘れた結果・・・の今!

年寄り老人

「この状況、正しいのか??」

こんな風に思ったことありませんか?

 

親の言うことは正しい!?

これって正しいですか?

ぼくは正しいとは思いません。実際に親になってからもっと強く思います。

自分が言ってることが正しいかどうかなんてわからないからです。

 

でもみんな言うんですよ!親の言うことは結局正しいって!

そんなわけないと思います。だって神様じゃないんですから。

そう思うのは、今までその親に育てられてきたからなんじゃないのかな??

 

そりゃあ、否定しません・・・。正しいと思うでしょう。

 

当たり前を疑わないと前には進まない!

「親が言うことは正しい」

「経験してきたから言える」

これが当たり前だと思っているんですよね。

 

生きてきた年数が長くても、何もしてなければ経験値はないです。

間違った考え方で生きてきてたら、言う事も間違ってる。

そうなりませんか?

 

別に親が悪いと言っているわけではありません。

親の言うこと。年寄りが言う事。

それが当たり前だと思っていることが危険なんじゃないかということです。

 

会社を辞めて起業したい!は間違いだ・・・。

例えば、「会社を辞めて起業したい」と親に言う。

起業したことのない親なら、「そんな危ない橋渡るな」「安定した職業を捨てるな」

みたいなことを言うでしょう。

 

起業したことないから、それしか言えないんです。

自分が間違えた人生だと思われるのも嫌でしょう。

それで、起業することを諦めたとします。これでよかったってずっと言い聞かせますよ!自分に。

親が正しかったって。

 

もちろん、これは一例です。よくある話をたとえ話として書きました。

でもね、こういうことって普段の生活の中にいっぱいあるんじゃないのかなと。

 

時代も変われば考え方も変わる

親や年配の人の考え方は、その人が生きたその時代の考え方としては合っていたかもしれません。

でも時代は常に流れています。

そこに、何十年も昔の考え方を当てはめるのは危険です。

ひとの考え方なんて、それぞれ違うものです。

時代が変わればなおさらです。

 

常識を疑うこと。それが一番重要。

そう思う、この頃です!

 

 

デオドラントバーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です