千葉市の公売で殺人事件のあった豪邸が破格の金額!いくらくらいになるか計算してみた!

千葉市公売

かなり話題になってる千葉市の豪邸ですが、事故物件ってどれくらい金額が安くなるのか気になりませんか?

これは僕の経験上ですが、相場の5~6割の価格で取引されます。

それでも売れるのか?と疑問に思う人もいると思いますが、実際には割とすぐに売れます。

 

事故物件ということを気にしない人には、ただの格安物件なんです。

欲しいと思ってる場所にタイミングよくそういう物件が有れば、即買いなんですよね。

 

公売物件は注意が必要

今回は公売ということです。

公売は、税金を滞納した時に差し押さえられた物件のオークションです。

殺人事件があった建物ということなので、相続した人が税金を払えない状況なのかもしれません。

今はこのようにネット上で告知されるので、簡単に買えると思いがちですが、不動産の公売は結構厄介です。

 

不動産の場合、公売にかけられている土地、建物の不動産のみが対象です。

その中にある物、例えば家具や家電、洋服なんかも対象外の動産なので勝手に処分することはできません。

それにもし住んでいる人がいる場合、建物を明け渡してもらわなければいけません。

公売で落札したからといって、住んでいる人が出ていくことを拒否した場合、無理矢理追い出すことはできません。

 

公売物件には裁判が必要な場合も

公売不動産の物件情報にはほぼ次の文章が書かれています。

・市は公売財産の引渡し義務を負わないため、使用者又は占有者に対して明渡しを求める場合や公売財産内にある動産および不要物の処理などは買受人の責任で行うことになります。

 

もし住んでいる人が出ていかない場合は、裁判をして強制執行をする等、手続きに時間もかかります。

建物の中の物の所有者が誰なのかが不明だと、そこから確定させなければいけません。

公売で不動産物件を買う場合、明け渡してもらう交渉、中の物を処分する費用等、物件の金額以外にも考えておかなければいけないものが有ります。

普通の人が簡単に購入できる物件ではないんです。

 

殺人事件があった物件がいくらになるか計算してみた

ちょっと計算してみようと思います。

一般的な相場で計算してみると、土地 67,500円×527㎡=35,572,500円です。

建物は自分の計算式で単純計算して、360万円位です。

合計 39,172,500円です。

これが一般的な相場だとして考えて、5から6割だとすると1,960万~2,350万円ですかね。

もしかしたら殺人事件だと、もっと安くなるかもしれませんね。

 

【追記】

1111万1100円で落札されたらしいです。リフォームして再販で2,300万円位で販売でしょうかね。

80%の人が不満と不安を抱えている理由とは

多くの人たちが未だに不景気だと感じています。

「給料が増えない・・・」

「ボーナスもカットされっぱなし・・・」

「いつ会社が潰れるかわからない・・・」

こんな不満や不安を抱えたまま日々の生活を送っています。

その不満や不安の原因は会社という一つの収入源だけに頼っているからです。

 

あなたももう一つの収入源を作りませんか?

収入源が会社だけだと、人生を全て会社に依存している状態になってしまいます。

納得のいかない理不尽なことでも、家族のため、お金のために無理に自分を抑え込んでしまわなければいけませんよね。

 

毎日ストレスを抱えながら、日々の大半を仕事に費やさなければいけません。

たった1回の人生をこのまま終わらせてしまうのは勿体無いと思いませんか?

 

自由に旅行に行ったり、子供と多くの時間を共有したり、好きな車を乗り回したり、住宅ローンに悩まされない、そんな人生の方が絶対楽しいですよね!

会社以外のもう一つの収入源が確保できれば、そんな生活だって可能です。

理不尽なことに振り回される必要もありません。

好きな時に家族で旅行にもいけます。

毎月の住宅ローンに悩むこともなくなります。

さらに、自分で作る収入源には定年もありません。好きなだけ稼ぎ続けることができます。

 

もしあなたが、もう一つ収入源を増やしたいなら一度↓↓↓のリンクをクリックして確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です