iQOSの買い方を知りたくてカスタマーセンターに電話してみた!

iQOSの新バージョンのパンフレットがコンビニに置いてあったので、どうやって買うのかカスタマーセンターに電話してみました。質問はお気軽にということだったので、気軽に電話してみました。

番号は0120−190517です。意外にも22:00までやってます。

iQOSは車なり自転車なり自分の足で探せ!

まぁ、結論から言うと在庫がある「一部タバコ店」か「一部コンビニ」に自分の足で在庫あるとこ探して買ってくださいと言うことでした。オペレーターの彼もすでに同じような電話をなんども受けていたようで、同じ言葉の繰り返しでした。

自分で車で行くか自転車で行くかみたいなことまで言ってました。その方法じゃねーよ!ってツッコミましたよもちろん。

買おうと思ってないので、コンビニに在庫があるのかわかりませんが、オペレーターの彼はすでに在庫がない状況を前提で全て話していました。と言うことは、在庫がないのが当たり前でその苦情受付のための回線なのでしょうね。

しかも、宮古島だって言ってるのに、ローソンとセブンの説明するからね。

 

最初に僕は単純にiQOSの買い方を聞きました。その答えは、

「お客様ご自身の足で在庫があるところを探していただく形になります」

とのこと。普通に買えないんですね〜。

 

iQOSの買い方を聞く電話が多いのか?

それでもちょっと食い下がってみたんですけど、ずっと同じ答えでした。なので、

「いつも同じような電話受けてるでしょ?」て訊いてみました。案の定答えは

「はい」って。なので、「その仕事早くやめた方がいいよ」と伝えて電話を切りました。

明確な購入方法を全く提示できない状態です。そんなオペレーターの話を聞くのも無駄な時間だし、彼もかわいそうです。まぁ、彼は時給もらってるから何時間でも同じこと繰り返せるでしょうけど。バカと話してるように思えて僕も諦めました。

iQOS狂騒曲〜クソみたいな企業に踊らされてるだけ〜

iQOSを必死になって買うくらいなら、別にタバコ吸えばいいじゃない。それがいやならタバコやめればいいじゃない。わざわざクソみたいな企業の戦略の乗せられて、高いもの買う必要ないでしょ。ただ踊らされてるだけだし。

品薄感の演出で高値でオークション取引されてる現状はフィリップモリスだって知ってるでしょう。これって購入者をバカにしていると思うんだよね。プレミア感出すために、わざとやってるのかもしれない。

そうじゃなければ、需要に見合うだけの生産体制整えてから販売すればいいだけだよね。わざわざ、離島のコンビニにまでパンフ置いて買えなければ、欲しくなるみたいな心理を狙ってるのかもしれないけど、ほんとバカにしてるよ。こう言うのを行政で規制すればいいんじゃない。試験的な販売とか言うのもアメリカのマーケティング手法っぽいし。

「限定で残り〇〇個!」っていっても欲しい人には届く方がまだマシでしょ。逆にあおって、買えない感出すのはどうもね。

最後に直接通販で買えないか訊いたら、通販は一切やってないって言ってたな。これも、プレミア感出すためのマーケティング手法なんだろうね。

iQOSなんて買わなければいい!

そんなにいいものじゃないから、みんなが買わなければいいだけだけどね!そう、不買運動すればいいよ!

オペレーターの態度に最初はイラっとしたけど、最後はかわいそうになったな・・・。みんなで不買運動すれば、彼ももっといい仕事に移れるかも。

iQOSなんてどうせ体に悪いもの時間も労力も注ぐなら、もっとワクワクする未来にお金も時間も注いだ方がいいよ、絶対!

 

ワクワクする未来を手に入れる!自宅にいながら副業で稼ぐ方法は→こちら

デオドラントバーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です