引っ越したらe-taxが利用できない!行政は結局アナログのまま

マイナンバー制度が始まったおかげでe-taxが簡単にできなくなりました。

理由は、電子証明書がマイナンバーカードに統合されたからです。

もともと住基カードを発行していればその発行だけで済むようですが、一からの電子証明書は

マイナンバーカードの発行が必要です。

 

問題は時間がかかること

住基カードはその場で発行できました。以前発行した記憶があります。

ただこのマイナンバー制度以降に引越しした人は、住基カードではなくマイナンバーカードの発行

になります。

 

実は以前に簡単に発行できるのでやったんですが、3ヶ月以上の時間がかかり必要性も感じず

取りにも行きませんでした。その間に問い合わせても明確な回答も得られず・・・。

 

引っ越したらまた申請

その間に引越ししたらまた別に申請が必要だそうです。

で、今日役所に行って確認したところやっぱりe-taxには改めてマイナンバーカードの発行が必要とのことでした。

発行まで1ヶ月かかるそうです。

住基カードでよくねぇ??って思いながら帰宅。確定申告間に合いませんね。

 

便利な制度のはずが、こんなもんです。

結局市民のためではなく行政のための制度だということです。

 

申請自体は簡単なマイナンバーカード

かといって文句を言っても進まないので改めてマイナンバーカード申請しました。

申請自体は簡単です。新しくもらったIDと顔写真があればOK!

顔写真もスマホで自撮り。規格さえOKならどこに出すわけでもないので。

 

しかし、縦割りと言われ続けて何十年も経っているのに改善されない行政は無能の極みですね。

車の免許書にもICチップ入ってるでしょ?

それに統合すれば済むでしょ。

 

免許持たない人間がマイナンバーカード別に作ればいいじゃないですか!

例えば役所に専用端末作って、免許にマイナンバー書き込めばすぐ済む。

コストも下がる。

 

役所は無駄な人件費で負担はあなた

それに合わせて無駄な人件費もいらない。

市民も楽。普通に考えれば簡単にできそうなのに・・・。

なんでそういうことに気が回らないんでしょ。

 

コンビニで住民票の発行とかできるようにするなら、それこそコンビニで免許かざして

マイナンバーや電子証明書情報を上書きできるようにすればいいじゃない?

 

いつまでも過去から抜け出せない

こういう風に考えると役所の人間なんて半分はいらないでしょ。

投資して効率化を実現しても、人件費半分ぐらいまで減らさないと意味がない。

それができないから癒着や賄賂、コネが疑われるんだろうね。

 

過去の悪い慣例のまま。

お金使って選挙して当選したら前の議員のおこぼれに預かる。

これがループして、何もかわらないのかも。

 

地方こそ

地方なんて特にそう。宮古島も市役所に入るにはお金積まないとダメらしいからね。

市民が公然とそうやって言っているぐらいだから、一度調べた方がいいと思うんですけど。

いやほんとに、誰かチクって大問題とかにならないかな。

 

まぁそれはそれとして、マイナンバーカード即日発行できるようにするべきでしょ。

今の技術でそれができないなら元に戻して欲しいですね。

 

仕事なくなるからやらないか!(笑

80%の人が不満と不安を抱えている理由とは

多くの人たちが未だに不景気だと感じています。

「給料が増えない・・・」

「ボーナスもカットされっぱなし・・・」

「いつ会社が潰れるかわからない・・・」

こんな不満や不安を抱えたまま日々の生活を送っています。

その不満や不安の原因は会社という一つの収入源だけに頼っているからです。

 

あなたももう一つの収入源を作りませんか?

収入源が会社だけだと、人生を全て会社に依存している状態になってしまいます。

納得のいかない理不尽なことでも、家族のため、お金のために無理に自分を抑え込んでしまわなければいけませんよね。

 

毎日ストレスを抱えながら、日々の大半を仕事に費やさなければいけません。

たった1回の人生をこのまま終わらせてしまうのは勿体無いと思いませんか?

 

自由に旅行に行ったり、子供と多くの時間を共有したり、好きな車を乗り回したり、住宅ローンに悩まされない、そんな人生の方が絶対楽しいですよね!

会社以外のもう一つの収入源が確保できれば、そんな生活だって可能です。

理不尽なことに振り回される必要もありません。

好きな時に家族で旅行にもいけます。

毎月の住宅ローンに悩むこともなくなります。

さらに、自分で作る収入源には定年もありません。好きなだけ稼ぎ続けることができます。

 

もしあなたが、もう一つ収入源を増やしたいなら一度↓↓↓のリンクをクリックして確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です